甦る古民家 施工例集

幸三建設の古民家再生リフォームの完成事例を写真でお届け。

 

古き良きものは残し、
住まう人のための新たな空間を古民家の中に表現する。

施工中、難しいところや、苦労するところもありますが、
弊社スタッフや、協力業者様の協力のもと、お施主様に笑顔のリフォームをお届けします。

「どうやったら、こんなキレイになるの?」 「うちの家もなるのかしら?」

お家に関する疑問は、
担当:服部・田中までお問い合わせ(こちらクリック!)ください。
※ご相談は無料です

 

 

古民家再生リフォームを手掛ける、服部のブログより

 

ヒトシ顔抜き0160419古民家完成見学会 3.19

 

みなさんこんにちは! 服部です。

 

長らく更新できなくてすいませんでした。 O様邸、H様邸、他でのお客様と何かと、させて頂くことがあり、つい更新おろそかになっていました。

 

O様邸は、先日無事完成見学会を、させて頂き、皆様の沢山のご来場誠に、有難うございます。お施主様の、お気持ちを、フルに反映でき、お客様に喜んで頂き、私共もスタッフ一同、嬉しい次第です。

 

古民家をバリアフリー化にすることで、
(和室の高さに合わせLDKをリノベーションしました)低くなる天井を上げ、
そのおかげで現れた梁は、時代を感じます。

 

再利用された柱、や梁は、当時の技術が、目の当たりに感じられます。

 

また、床には、
お施主様の、ご両親を思う気持ちから、少しでも軟らかい床との希望で、
床暖房対応のコルクタイル(7mm!)仕上げです。

 

施工途中、クロス仕上げ予定だった天井も、
自然素材との希望で、無垢の杉板天井としました。

 

壁には、古民家の黄土壁をイメージし、珪藻土で、当時の風合いを表現致しました。

 

その空間に、
ハイモダンなパナソニック社製のキッチンをあしらい、見事マッチ。
お施主様のセンスの良さが伺えました。

 

和室は、和モダンに仕上げ、田舎ならではの習慣や風習を考慮して、一度リフォームされた空間をそのまま残す予定でしたが、大壁(柱が見えてない)になっている和室に違和感を抱かれ、和室ならではの、真壁に戻し、少しモダンな空間が出来ました。

(写真↓↓ 見てください!!)

IMG_1326★縮

IMG_1256★

 

今回も、古き良きものは、残し、新たな空間が、古民家の中に表現できました。

 

施工中、難しいところや、苦労するところもありましたが、弊社スタッフや、協力業者様の協力のもと、お施主様に、笑顔のリフォームが出来たと思います。 皆様有難うございます。

 

「どうやったら、こんなキレイになるの?」 「うちの家もなるのかしら?」

お家に関する疑問は、
担当:服部・田中までお問い合わせ(こちらクリック!)ください。
※ご相談は無料です

 


 

古民家再生リフォーム見学会も行っています ※2017年 12月開催決定! 

→詳しくはコチラ

  

Top